​製品原理

飽和蒸気(スチーム)と凝縮水(ドレン)の動粘度

100℃の飽和水蒸気··20.51mm2/ s

100℃のドレン··0.29mm2/s→約73倍

凝縮水と蒸気が混在する場合、密度が大きい凝縮水が優先的に排出されます。
その理由は、水と蒸気の動粘度が大きく違うことにあります。
動粘度は、密度で大きな差が生じます。
密度が大きい水は非圧縮体のため、圧力を受けると反対方向へスムーズに押し出されます。
​密度が小さい蒸気は圧縮体のため、圧力を受けるといろんな方向に動き回り、スムーズに排出できません。
CCF_000091_006.jpg
CCF_000091_005_edited.jpg

​イメージ動画